キャッシング枠を増やしたいけれど過去に延滞があると影響するか

キャッシング枠を増やしたいけれど過去に延滞があると影響するか

キャッシング枠を増やしたいのですが、実は過去に何度か延滞してしまいました。やはりこれは影響してしまうのでしょうか。

限度枠を増やすのには信用実績が大切です

キャッシングの限度額を増やす為に一番大切なのは、どれだけその会社で実績を積んだかと言う事なのです。実績と言うのは信用を積むと言う事です。返済期日をきちんと守る、これは一番大事な事です。何度か延滞をされたと言う事ですが、遅延はやはり大きなマイナス要因となってしまいます。その遅延をどのようにとらえるかは金融会社によって違うと思いますが、これから先は絶対に遅延のないようにしなくてはいけません。そして返済してすぐに借入すると言う事を繰り返さずに、しばらくは返済のみを行うようにした方が良いと思います。きちんと返して行くことがカード会社にとっての信用を積むと言う事なのです。

実績を積むとカードローン会社の方から限度枠を増やす旨の連絡が来る事があります。もちろんその場合も審査は必要なのですが、何よりも会社での信用の実績は積めていると言う事ですよね。会社側から知らせが無い場合で限度枠をふやしたい場合は窓口にその旨申し出る事が必要です。少なくとも今後半年間は返済期日に遅れる事なく入金をした上で増額を申し出る方がより良いでしょう。

限度枠を増やすことが出来ても、これから先の返済が滞る事のないように無理のない返済額になるように計画を持って借入をされる事が大切なのは言うまでもありませんね。そして、より大きな借入になった場合は出来るだけ早めに完済できるよう月々の返済に加えて随時に返済して行く事も考えて下さいね。

キャッシング枠の特徴と過去に延滞が在る場合の申し込み

クレジットカードはショッピングをした時など、キャッシュレスで支払いが出来るカードです。クレジットカード会社などがカードを発行し、利用限度額の範囲の中で利用する事が可能になるのが特徴です。このクレジットカードにはキャッシング枠が設けられているカードも有ります。この場合は、ショッピングをする場合はショッピング枠を利用し、現金を引き出す場合はキャッシング枠を利用する事が出来ると言うメリットが在ります。1枚のカードで、ショッピングとキャッシングの2つを利用可能になるのが特徴です。

尚、このキャッシング枠というのは、審査が行われて限度額が定められることになります。消費者金融のキャッシングと同様に、信販会社のキャッシングというのも総量規制の対象になりますので、年収の3分の1以内での利用限度額になるのが特徴です。

また、審査を行う場合には信用情報機関が管理を行っている信用情報を照会するのが特徴です。因みに信用情報機関が管理を行う信用情報というのは、ャッシングの申し込み、遅延履歴、延滞履歴、事故履歴などが記録されていくのが特徴です。ブラックリストと言う言葉を見たり耳にすることがありますが、ブラックリストと言うリストは無く、この新情報機関が管理を行う信用情報の中で事故歴として記録が行われている事をブラックリストと呼んでいるのです。

キャッシングは期日に返済を行う事が義務になります。

しかし、返済日に遅れてしまう事で遅延になり、延滞になる事で遅延損害金を支払う事になります。更に信用情報に遅延履歴が記録されることになります。

また、遅延を続けることで延滞と言う形になり、督促状が送られてくるようになりますが、延滞を行うことで信用情報に延滞履歴が記録されることになります。
そのため、過去に延滞があるのかどうかは、信用情報を照会すればおのずと解るのです。

因みに、過去に延滞が在る場合は金融事故と言う形になりますので、キャッシングの申し込みやクレジットカードの申し込み審査が通らない可能性が高くなるのです。